読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wasabiNY

英語圏の音楽を中心にお届けします。海外メディアに埋もれている情報などゆるゆると。ちなみにNYは行ったことありません。

歌声と喋り声が別人のWé McDonald(ウェイ・マクドナルド)から目が離せない

The Voice

オーディション番組「The Voice(アメリカ版)」のシーズン11が、9月中旬にスタートしました。シーズン10は特別に応援したい人がいなかったので、途中で見るのをやめてしまいましたが、今回は逸材揃いです。特にユニークなのは、17歳のWé McDonald(ウェイ・マクドナルド)。日本人にも覚えやすい名前ですね(笑)

歌声の成熟ぶりが凄まじいことはさることながら、驚くのは、喋り声とのギャップ。もはや別人の域です。The Voiceはブラインド・オーディションから始まり、審査員が挑戦者と話せるのはパフォーマンスが終わってから。彼女は名曲「Feeling Good」を披露し、全員にボタンを押させたわけですが、「お名前は?」と聞いて、返ってきた声に、審査員一同「Whaaaaat?!」(笑)まずは、その様子をご覧ください。

ブラインド・オーディション:Wé McDonald "Feeling Good"

www.youtube.com

オーディションでも話しているように、彼女は長年、いじめにあっていたそうです。原因は分厚い眼鏡をかけていたことと、高い喋り声。音楽家が多い家の生まれで、4歳から歌っていたそうですが、歌手を目指すきっかけとなったのは、この経験が大きく影響しています。

At one point, I felt very alone and I didn’t know how to express my feelings. I found a way to do that through music and I wanted to touch other people who felt the way I did.

一時、とてつもない孤独を感じ、自分の感情をどう表現したらいいか分かりませんでした。音楽を通じて、それができることを知り、私が感じていたような孤独のなかにいる人たちの心に届けたいと思うようになりました。

いまや、いじめられていた原因こそが、彼女の存在感を高める重要な要素。そして、辛い経験が、17歳とは思えない豊かな感情表現を生み出しているのだと思います。

バトル:Lauren Diaz vs. Wé McDonald "Maybe"

www.youtube.com

深いソウルフルな歌声から1:25の高音まで!そして相変わらずの喋り声!パワーハウスのお姉さん相手に、差を見せつけてノックアウトへ進出。

ノックアウト:Wé McDonald "No More Drama"

www.youtube.com

メアリー・J・ブライジの「No More Drama」は感情表現の力量が問われる名曲で、苦労を知らない人が歌うと安っぽい曲になってしまいます。オーディションでこれを選ぶ人は、苦労レベルに相当な自信がある人と言っていいでしょう(笑)私は苦労人に強く惹かれるので、この曲が出てくると、いつもキタキターと胸が高鳴ります。The X Factor UKで優勝したJames Arthurのバージョンや、最後のアメリカンアイドルで準優勝したラポーシャのバージョンもお気に入りです。James Arthurはこの回で感情を出し切りすぎて、ステージ裏で失神したらしい(笑)

そういう意味で、17歳でこれを歌いこなすのは難しいわけですが、彼女の手にかかれば47歳の歌声ですね(笑)素晴らしいです。彼女がどんな風に垢ぬけていくのか、これからのパフォーマンスが楽しみです!

wasabiny.hatenablog.com

この夏のヒット曲もフランスの美女トリオ「L.E.J」でおさらい~Adele「Hello」からBeyonce「Formation」まで~

昨年の夏、フランスの幼馴染トリオがYoutubeにアップしたヒット曲ミックスが、世界中で大ウケ!その再生回数はなんと5,600万回を超え、一躍有名になった「L.E.J」がこの夏も帰ってきましたー!もうあれから1年かと思うと早いー。今年は撮影場所が海辺になって、ちょっとおしゃれに(笑)

アデルの「Hello」やリアーナの「Work」、ビヨンセの「Formation」など、聴き慣れた曲を新しい軽快なアレンジで楽しめます。どんどん切り替わって3分で24曲も聴けるのは嬉しい。約半分が英語の曲で、残りがフランス語のヒットです。

スマホで再生できないかもですが、PC立ち上げる価値ありです。

wasabiny.hatenablog.com

www.youtube.com

▼L.E.J. SUMMER 2016 曲名▼

0:09 - Gold / Kiiara
0:12 - Hotline Bling / Drake
0:18 - Hello / Adele
0:38 - Panda / Desiigner
0:39 - Hymn For The Weekend / Coldplay
1:10 - River / Ibeyi
1:21 - Work / Rihanna feat. Drake
1:29 - Bonbon / Era Istrefi
1:41 - Cheap Thrills / Sia feat. Sean Paul
1:52 - Light It Up / Major Lazer
2:02 - Stressed Out / twenty one pilots
2:12 - Hundred Miles / Yall feat. Gabriela Richardson
2:21 - Love Yourself / Justin Bieber
2:29 - Nique Les Clones, Pt. II / Nekfeu
2:32 - Makeba / Jain
2:39 - Sapés Comme Jamais / Maître Gims
2:40 - Nique les Clones, Pt. II / Nekfeu
2:54 - Can't Stop The Feeling - Justin Timberlake
2:56 - Can't Feel My face / The Weeknd
3:03 - Afro Trap, Part.3 (Champion’s League) / MHD
3:05 - One Dance / Drake
3:16 - Tookie Knows II – ScHoolboy Q
3:17 - La Dalle / L.E.J
3:30 - Formation / Beyoncé

昨年12月に発売したデビューアルバム「En attendant l'album...」には、3人のオリジナル曲も収録されています。フランスで4位の快挙!今後の活躍にも期待が高まります。

www.youtube.com

 

 

wasabiny.hatenablog.com

Laura Bretan(ローラ・ブレタン)、プレッシャーを跳ねのけ、Celine Dionの「The Prayer」で準決勝へ

America's Got Talent

最初のオーディションで数少ないゴールデンブザーが鳴り、準々決勝にストレート進出を決めたLaura Bretan(ローラ・ブレタン)。前回のオーディションから2か月の間に14歳になったばかり。驚異的な歌声を持つ以外は、ごく普通の少女にとって、一世を風靡した後の舞台は相当なプレッシャーだったと想像します。

wasabiny.hatenablog.com

しかも、選んだ曲はCeline Dionの超大曲「The Prayer」。オペラ曲ではないので、大丈夫かな?と心配になりましたが、原曲を超えるオペラ版にアレンジしてきました…恐ろしい才能。。。

Laura Bretan "The Prayer"

www.youtube.com

アメリカンアイドルでこの曲を歌ったJessica Sanchezが大好きで、曲の展開をすっかり覚えるほど聴き込んでいたので、彼女のボルテージの上げ方、特に最後の3キーには驚愕しました。最初のキー、そこから始めちゃって大丈夫?!!いくらなんでも・・・あ・・・でたー!でてるわー!みたいな(笑)

歌い終われば14歳の少女。肩の荷が下りたのか、ずっと泣いていて本当に可愛い…。このまま泣き続けて優勝してほしい(笑)おばさんは投票するよ(投票権ない)

ちなみにJessica Sanchezのバージョンはこちら。これはこれで現代風で好きです。

Jessica Sanchez "The Prayer"

www.youtube.com

今回のThe America's Got Talentは若い才能ぞろいですね。ローラと同い年で注目されているのがJayna Brown(ジェイナ・ブラウン)。14歳には見えない風格。お母さんと最近、家なしになって苦労している親子です。家族を養うためにデビューした早咲きの演歌歌手にいそうな雰囲気。

www.youtube.com

二人とも準決勝に進出!他に絶対いない、という点で私はローラ押しですが、二人とも今後の登場が楽しみです!

www.youtube.com

 

「こんなのは初めてだ」辛口審査員サイモンをノックアウト-13歳のLaura Bretan(ローラ・ブレタン)が全米を風靡

America's Got Talent

「長年、番組をやってきたなかで、こんなのは初めてだ。信じられない」と、あの辛口審査員のサイモンをうならせたのは、わずか13歳の少女、Laura Bretan(ローラ・ブレタン)でした。

年齢相応のあどけない笑顔で、服装が大人びているわけでもなく、どこにでもいそうな可愛い13歳です。ステージではガチガチに緊張して、聞かれたことを答えるので精一杯。観客も不安そうに見守るなか、彼女が歌い始めたのは・・・

www.youtube.com

なんと、オペラ!しかも、こんなに華奢で小さな体から出てくるとは思えない声量と、信じられないレベルのコントロール感情移入も、まだ13年しか生きていない子のものとは到底思えません。会場は総立ちで拍手喝さいし、審査員も全員ベタ褒め。サイモンでさえ、彼女をこう称えました。

I have never heard anything like that in all the years I've been doing this show. Seriously, It was unbelievable. What made it even better is the fact that you are such a sweet person. So humble. Not even aware of how amazing you are.

長年、番組をやってきたなかで、こんなのは初めてだ。本当に信じられないパフォーマンスだった。さらに良いのは、君はとてもかわいらしく、謙虚で、自分がどれだけ素晴らしいか気づいてさえいないこと

Mel Bがゴールデンブザーを押し、準決勝までスキップできる権利を得ました。各審査員がブザーを押せるのはシーズン中に1回のみで、そう簡単には押されません。彼女はすでに優勝候補といってもいいでしょう。

そしてなにより、本当にかわいい・・・こうした番組に出場する子どもたちって、ませていたり、生意気だったりすることも多いですが、彼女は邪気が一切ないですね。ゴールデンブザーも5000%喜んでます(笑)お母さんも控えめで素敵。

両親はルーマニア人で、彼女はアメリカで生まれ育ったそうです。歌を始めたのは、7歳のときにディズニー映画「眠れる森の美女」を観ながら、一緒に歌ってみたのがきっかけ。ただ、敬虔なクリスチャンのお母さんは、ディズニーが教会音楽ではないことが気に入らず、2人の妥協点がオペラだったそう。オペラで妥協する7歳もすごいな(笑)

ある程度、彼女が逸材だと事前に分かっていなければ、こういうカメラの回し方はできないよなーと思い調べてみたところ、この番組に先立って、数ヶ月前にルーマニアの同様の番組で優勝したそうです。なるほど。ルーマニア在住のおじいちゃんの強い希望で出場したとか。そのときのパフォーマンスは以下より観られます。

klipland.com

審査員が彼女のルーマニア語の訛りから「ルーマニア人?」と聞いていたから、きっと英語の方が得意なんですね。Romania's Got Talentに続いて、America's Got Talentでもぜひ優勝してほしい!準々決勝が待ちきれません。

wasabiny.hatenablog.com

 

 

Beau Dermott(ボウ・ダーモット)、圧倒的なパフォーマンスで決勝進出

Britain's Got Talent

Britain's Got Talent 2016に彗星のごとく現れた12歳の少女、Beau Dermott(ボウ・ダーモット)。初回のオーディションでは非の打ちどころのないパフォーマンスを披露し、数少ないゴールデンブザーが押されました(準決勝までスキップできる)。

準決勝で再登場した彼女の選曲は、ブロードウェイミュージカル「ジキル&ハイド(Jekyll & Hyde)から「Someone Like You」。相変わらず静かな物腰から歌い始めると一転、12歳とは思えないコントロールで場を制しました。審査員は再び全員がスタンディングオベーション。サイモンには「まさに君のような人を発掘するためにこの番組はある」と言わしめました。

"Someone Like You" from Jekyll & Hyde by Beau Dermott

www.youtube.com

もはや全く驚かないですが、無事に決勝進出!他の12組の候補者と今週末、優勝を争います。ここまで上手いと、勝って欲しいというより、早く別の曲も聴いてみたい!という気持ちになります。楽しみー!

www.youtube.com

wasabiny.hatenablog.com

 

 

Skinny LoveのBirdy、待望の初来日公演が決定!

透明感があって儚いのに力強く、心を鷲掴みにされるような歌声のBirdy。デビューシングルの「Skinny Love」は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。私的に超過小評価されているアーティストの一人です。イギリス、オーストラリアでは有名ですが(ロンドンの初ギグは1分30秒でチケット完売)、アメリカではさほど知られていないし、日本ではたまにスタバで流れている程度の知名度。デビューから5年たってようやく来日公演が決まり、ついにー!!という感じです。

▼プラチナヒットとなったデビューシングル「Skinny Love」

www.youtube.com

Skinny Love

Skinny Love

Birdyは超早熟。デビューから5年、すでにアルバムは3作目となりますが、まだ20歳になったばかりです。母がピアニストで音楽が幼い頃から身近にあったという彼女は、5歳頃からピアノを始めて、8歳には既に歌を作っていたそう…。12歳のとき、イギリスで有名な歌のコンクール「Open Mic UK」で優勝を果たします(18歳未満の部)。そのときの貴重な映像がこちら。いい意味で今と全然変わらない!

www.youtube.com

今年3月にリリースされた3作目のアルバム「Beautiful Lies」は、なんと日本の文化や風景に大きく影響を受けた作品とのこと。京都の芸者の人生を描いたハリウッド映画「SAYURI(原題:Memoirs of a Geisha)」で観た日本の風景に心を動かされて、日本には行ったことがないのに、知っているような不思議な感覚を持ったそうです。アルバムを紹介する90秒のクリップでは着物をきています。

www.youtube.com

それでようやく本作で来日公演が決まったんですね!

2016年7月20日(水)赤阪のBillboard Live TOKYOで、一夜限りの公演です。ただし、17:30開場・19:00開演と20:45開場・21:30開演の二本仕立て。サービスエリア7,800円、カジュアルエリア6,300円。ビルボードなので、飲みながらの公演ですね。超絶行きたいのですが、もう仕事が入っていて、何とか調整したいと思います!!

公演詳細はこちら

最後に、本作のファーストシングル「Keeping Your Head Up」です。一日のスタートにおすすめ♪

www.youtube.com

 

 

Beyoncéの新アルバム「Lemonade」発売にまつわるあれこれ

Top100

Beyoncé(ビヨンセ)の新しいアルバム「Lemonade」発売から、全米に憶測の嵐が吹き荒れています。何でもアルバムのテーマが「浮気された女の気持ち」だから。

まさかビヨンセは浮気されたのか?JAY-Zは誰と浮気したの?歌詞に出てくる「Becky with the good hair(いい髪したベッキー)」が相手に違いない!ベッキーって誰だ?と全米が大興奮。JAY-Zとの浮気を匂わせる有力候補まで出てきて大混乱。そもそも浮気があったかどうかさえ分からないのですが、プライベートをほとんど出さない夫婦なだけあって、真相を確かめようと皆必死です。憶測を重ねて話題になればなるほど、アルバムは売れていく。まるで億万長者夫婦に踊らされる愚民のようです。かくいう私も、JAY-Zが誰と浮気したのか気になり、記事を読み漁った愚民の一人(笑)

そんな世間の盛り上がりが功を奏し、ビヨンセは発売からわずか1週間でBillboardチャートTOP100に同時に12曲ランクインするという女性アーティストの新記録を樹立(11曲の記録を持つテイラースイフトを破りました)。

こちらが該当する週。もはやギャグのようにビヨンセとプリンス(先日亡くなったため)しか出てきません。

www.youtube.com

浮気の真相はともかく、曲の良し悪し以外でこれだけ話題になったのはビヨンセだからこそ。すべてが完璧で悩みなんてないかのように見える女神が浮気されたかもしれないことへの衝撃と、浮気への怒りや嫉妬を、とても人間らしく表現していることへの衝撃。非の打ちどころがないと思っていたディーバの意外な告白は「他人の不幸は蜜の味」の最強バージョンなのかもしれないですね。

で、アルバムとしての評価はどうかというと、どうもこうも怖いんですよ(笑)予告編として発表された以下の動画に凝縮されていますが、本当にホラー映画みたい(笑)これが本当に彼女の体験に基づいた感情なのだとしたら、浮気したJAY-Zに同情できるくらい怖い(笑)隣で寝てたら殺されそうだもんw

www.youtube.com

JAY-ZがLemonadeに対するレスポンスとして新アルバムを準備中という噂もありますが、本当に発売するとしたら、もうそれこそ夫婦のプロモーションに振り回される愚民たちで溢れかえりますね(笑)

浮気の真相について関連があるに違いないと言われているのは、2014年にビヨンセの妹ソランジュがJAY-Zに殴り掛かった事件。セレブが大集合するパーティの帰りにエレベーター内で喧嘩が勃発し、防犯カメラに残った映像が当時も話題になりました。ソランジュが強すぎて面白すぎるのでぜひご覧ください。ボディガードが慌てて止めに入っています。一家に一台ソランジュが欲しいという声も(笑)脇に控えるビヨンセが口出ししない様子から、「浮気を知ったソランジュが姉のためにキレる」という理屈は通る気もしますね。

www.youtube.com

本作はまだじっくり聴けていないので何とも言えないですが、ビヨンセにはゴシップで音楽を売るのではなく、実力派のディーバにしかできない「最高」を追及するような音楽づくりをしてほしいです。

Lemonade

Lemonade

  • Beyoncé
  • ポップ
  • ¥2500

wasabiny.hatenablog.com