wasabiNY

英語圏の音楽を中心にお届けします。海外メディアに埋もれている情報などゆるゆると。ちなみにNYは行ったことありません。

アメリカンアイドルはLa'Porsha Ranae(ラポーシャ・ラナエ)の優勝でしめくくるべき

2002年から14年にわたって続いたAmerican Idol(アメリカンアイドル)も残すところ5回オンエアとなりました。ファイナルシーズン(アメリカンアイドル15)の優勝者が決まるのは、4月7日(木)夜です。現在6人が残っていますが、私はLa'Porsha Ranae(ラポーシャ・ラナエ)こそが、アメリカンアイドルの幕引きにふさわしい人だと思っています。

優勝内定と言わしめたTop10パフォーマンス "Diamonds"

www.youtube.com

Kelly Clarksonケリー・クラークソン)の優勝で始まったアメリカンアイドル。この番組におけるアイドルの意味はいわゆる「アイドル」ではなく、「代弁者」だと思います。可愛いし歌える、かっこいいし歌も上手いといったアイドルより、人々の思いを代弁できる人が選ばれてきました。各シーズンの優勝者からアメリカ社会の多様さを垣間見られるくらい、多様な代弁者を輩出してきた番組だと思います。

シーズン10あたりからその傾向が陰り、シーズン13,14は見る気も起きませんでした。審査員たちがいわゆる「アイドル」を重視し始めてしまい、視聴者投票が始まる頃には、代弁してくれそうな人材が誰もいない状況に陥ってしまったのです。審査員たちはその危機的な状況に気づくどころか、残った候補者を褒めるばかりで、多くの視聴者が番組を離れました。

失速していったアメリカンアイドルが番組として最後に有終の美を飾るには、La'Porsha Ranae(ラポーシャ・ラナエ)の優勝しかありません。10ヶ月の娘のシングルマザーであり、DVの被害者であり、WALMART(アメリカのイオンみたいな大型スーパー)のレジ打ちで必死に生活する労働者である彼女は色んな畑を代弁できる境遇にいるし、歌い手としての力量も申し分ないからです。

仮にTristan McIntosh(トリスタン・マキントッシュ)がラポーシャを抑えて優勝したら、「あーあ、最後までアメリカンアイドルは分からなかったんだね…」と落胆します。お母さんが米軍で危険地域に出向いているというトリスタンも、ティーンながら寂しさを経験しているみたいですが、正直、彼女自身の苦労はラポーシャのそれに全く及ばない。まだまだ代弁するための人生経験が足りないと思ってしまいます。歌を最も必要としている弱った人の心に届くのは、厳しい人生を生き抜いてきた人の歌声です。

www.youtube.com

ラポーシャのおかげで、長年アメリカンアイドルを観ていなかったという視聴者が多数戻ってきています。ラポーシャが勝ち、どん底だった彼女の人生に光が差すこと、心に響く歌を歌える人が業界に増えること、アメリカンアイドルはそんな人材を輩出し続けた唯一無二の番組であったと人々に記憶されることを、最後のシーズンに期待しています。

それにしても、このラポーシャは完全に渡辺直美を思い出すサイズ感(笑)なんでこんな衣装にしたんだろう(笑)あと髪さわってみたい。

www.youtube.com

wasabiny.hatenablog.com